テディベアショー

ショーについて

「テディベア・トータル」は全てのテディ・メッセの母親です。1995年以来、メッセでは、収集家・愛好家・アーティスト・製造者・販売業者・下請業者・興味のある方々が集会しています。これ以上の国際性と多様性を備えたメッセは、世界中のどこにもありません。珍しいアンティークのテディ、最新のアーティスト・ベアと工場で製造されたベア、更にはテディベアを自己製作する方のために取り揃えられた材料。メッセは全ての希望をかなえます。

来場者を待ち受けているのは:

世界中から集ったアーティストが、ミュンスターのみで自作のテディベアと動物ぬいぐるみを提供します。その多くは高価な一点物・コレクター品・限定品です。「テディベア・トータル」では全ての重要な工場が、新作と幅広い種類の動物ぬいぐるみやコレクター品のテディベアを展示発表します。メッセではまた、有名な販売業者が高価な製品や多数のアンティーク製品を販売します。

テディベアを自己製作する方々もまた、自費でメッセを訪れます。材料・道具・付属品の全ての重要な販売業者が、大半の商品をメッセ特別価格で提供します。
勿論、興味のある方々にも多種多様な参考書や型紙をご購入頂けます。

メッセ期間中には、有益なワークショップや、珍しい製品や資料をご覧頂けるここだけの展覧会、興味のある方がお手持ちのテディベアの価値や素性を尋ねることのできる鑑定所なども開かれます。

出展者を待ち受けているのは:

「テディベア・トータル」は国際的なテディの世界の中心地です。これほど国際的で多様な製品が展示されるメッセは、世界中で探しても、ここ以外にはありません。それゆえ、新作を注文したり、コレクションを拡大したり、新たなアーティストを発見するために、世界中からコレクター・購買者・興味のある方々が来場します。来場者の50%以上が100km以上の旅をし、約20%の来場者がドイツ語圏以外の外国から訪れます。この国際性のお陰で「テディベア・トータル」は、新たな知り合いを作り、コレクターに会い、新たな顧客を獲得し、パートナーシップを結ぶための、他に類を見ない場所となっているのです。

「Teddy Bears Of Witney」の経営者で、世界中で最も重要なテディベア販売業者のひとりであるイアン・パウトは、「テディベア・トータル」終了後、次のように述べました:「ドイツで近年開催されたどのメッセでよりも、することが沢山あります。」

新たなスタート:

変化に富む歴史を経て、「テディベア・トータル」は2012年にミュンスターで、新たな主催者と若いチームと共に、新たなスタートを切りました。来場者と出展者は、メッセの心地良く友好的な雰囲気に感動しており、全ての人に喜びと感動が見てとれました。この感動こそが、この趣味をこれほどまでに魅力的なものとしているのです。

この素晴らしい雰囲気は、ジョージ・ディナーでその頂点に達しました。テディの世界で最も名高い賞は、「テディベアのワールドカップ」の一環として、アーティストと企業の優れた作品に授与されます。ジョージ・ディナーには、受賞者とアーティストに加えて、テディの世界の重要人物に一度身近に会ってみたい方々も歓迎されます。ディナーと授賞式に続くパーティーは深夜まで開催され、多くの楽しげな顔が見受けられました。

2014年にメッセは20回目の誕生日をそれにふさわしい仕方で祝いました。27ヶ国から306人の出展者が参加したメッセは、最も重要な国際的な集まりとしての意味を証立てました。

来場者として、又は出展者として、ミュンスターまでお越しになる甲斐はあります。国際性、出展品の多様性、友好的な雰囲気 —— つまり「テディベア・トータル」という経験は、唯一無二の、比類のないものなのです。


場所および時間


Photo: Presseamt Münster / MünsterView

開催期間
2017年4月29日(土)午前10時から午後5時まで
2017年4月30日(日)午前11時から午後4時まで

入場料
2日間有効チケット:10ユーロ
児童と16歳までの年少者: 入場無料

出展者スタンド設営時間
2017年4月28日(金)午前10時から午後8時まで
2017年4月29日(土)午前7時から午前9時45分まで
2017年4月30日(日)午前10時30から午前10時45分まで

開催場所
見本市会場・中央 (Messehalle Mitte)
見本市・会議センター ホール ミュンスターランド (Messe- und Congress Centrum Halle Münsterland)
住所:
Albersloher Weg 32
48155 Münster


ショーのハイライト

2017年ミュンスターで開催されるテディベアトータルには、新しいことが満載です。ご来場の方に楽しんでいただけるショーのハイライトをご紹介します。


世界で最も有名なテディベア、アルフォンゾがミュンスターにやってきます。ロシアのゼニア(エクセニア)王女のテディベアであったアルフォンゾが、2018年にデンマークのビルンにオープンする新しいテディベアミュージアムへ移る途中にミュンスターで特別に展示されることとなりました。ミュージアムの詳細はミュンスターでまたご確認ください。


ミュンスターで開かれるテディベアトータルは、有名メーカーの最新アイテムがコレクターの方々に紹介される年で一番初めのショーです。ヒルシャイトからテディハーマン、キルヒャルトからクレメンツ、ゾンネベルクからマーティンベア社がこの国際的なテディベアショーに集結します。これらメーカーが上半期で展示会に参加するのはこのミュンスターだけです


入り口でハンサクリエーションの巨大なアニマルたちが来場者を歓迎します。“歓迎”がまさに正しい言葉で、アニマルたちは動いて来場者に語り掛けます.


ミュンスターのテディドクター:目が取れたりファーが薄くなってしまっていても、心配ありません。テディクリニックのBarbara Wahnemühlさんが傷ついたベアを治してくれます


この車はアメリカとテディベアトータルでしか見ることができません。Connex-Product-Solutions社がシュタイフのジャーマンポリスベアとアメリカのパトカーを特別にミュンスターまで持って来てくれます


プロから学ぼう:Monika Klier さんとMargot Schneegansのブースでは、熟練のベア作家がぬいぐるみの正しい詰め方と閉じ方を教えてくれます。


壮観な姿:野生動物の写真を撮るSpectacular imagesさんが美しいアラスカの地に住むベアとパンダの飼育センターの写真を紹介します。


„2017年のインターナショナルスプリングドールフェスティバルは展示場の北ホールで開催されます。15か国以上から150もの出展者が参加します。さらに多くのお客さまが皆さまのブースを訪れることでしょう。1枚のチケットで両方のショーを見ることができます。

出展者の方々のご要望に応え、入場券は週末通しでご使用いただけます。料金も10ユーロで今までの週末チケットよりお安くなっております“


デンマークのビルンに新しいテディベアミュージアムが建設中です。ミュンスターでは素晴らしい展示とともに情報を先取りできます。


通常、限定の「No.1」はトレードショーに登場しないものです。しかしHermann-Spielwaren社は希少な「No.1」をいくつかご紹介し販売します。


TEDDYS kreativのエキスパート、Daniel Hentschelがご来場の方々のテディベアを査定し、その起源をお伝えします。


VanderBearファミリーは1980年代にコレクターの人気を集めました。テディベアトータルではファミリーの何点かが大規模な展示場に登場します。


デンマークの有名作家、Gitte Thorsenがテディベアトータル会場で世界中から集めたベアを展示します。


可愛らしいマウスを連れて帰りたい方は、Margot Schneegansのワークショップへお越しください。所要時間:約1時間、参加費:8.50ユーロ


日曜日はテディベアトータルのファミリーデイです。特別ワークショップでお子さんたちはシュタイフの用意する楽しいアクティビティに参加する前にテディの作り方を学べます。フェイスペイントや風船アートも登場します。


2016年来場者アンケート


年出展者リスト

ベルギー<

デンマーク<

ドイツ<

エストニア<

フランス<

グレートブリテン島<

香港<

イタリア<

日本<

ラトビア<

ルクセンブルク<

ニュージーランド<

オランダ<

オーストリア<

フィリピン<

ロシア<

スウェーデン<

スイス<

スペイン<

南アフリカ<

中華民国<

ウクライナ<

アメリカ合衆国<

ベラルーシ<



ホールのプラン


オンラインでチケットを買う


年スペシャル・ベア

ご注文はこちら


パートナーズ



アーカイブ